AG-TUNE:中西式 ブーツの作り方<考え方>
専門店と言われる販売店の中には、様々な発想や技術があります。

しかし、当方はその中でも特異な部類に入ると思います
よ〜く考えたら、当り前な事が多いのですが、昔からの常識が・・・邪魔をして(ToT)

おかげで、御来店頂ける新規の方は驚きの連続みたいです

毎年少しずつ進化して行くように、日々研究努力しています
まるで研究者のような生活みたいです
様々なポイントに分けて、説明致します。画像は上手く取れ次第UPします
各種ポイント オリジナルの場合 世間一般の場合
足をはじめとする
骨格バランスが崩れている
⇒偏平足・甲高幅広
など
問題があると考えます。
いかに足がブーツの中で正常な状態を
保ちやすく出来るかを考えてバランスを取ります
普通と考える場合が主流です。
バランスの崩れた状態の足に合わせます。
最初にチェックするポイント
       ?
     更に詳しく
足の実測長をケージで測る
関節の可動域や方向を確認します
足の突起部などはチェックシートにて確認しておく
自己申告ですが、けがの履歴を確認する
足のサイズは自己申告の場合が多い
外見上の形状を確認します
足の突起部を確認・多くはインナーに
マーキングする
最優先として求める事 痛くない事は大前提で、操作性を重視する
⇒前後左右のポジション&サイドの壁の感覚
痛くないONLYが多い
フィット感に対する考え フィット感はタイトめが基本。
希望があればルーズめに調整も可能
空気(空間)は力を伝えないので、
いかに隙間をなくすかが重要
お店により大差があります。
比較的ルーズな場合が多い
インナーが薄くて硬いとフィットすると
勘違いしているケースもあります
オーダーメイドインソール ニュートラルポジションを維持しやすいバランスで作ります
フィット感のみではなく、感覚の敏感さを良好にする
違和感はほとんどないです
足を包むような感覚を重視します
足のバネの動きをサポートします
バランスが崩れた状態の足を基本に作ります
足の裏のフィット感が重要
土踏まずなど違和感が出やすい
硬い感じがする場合が多い
もしくはフニャフニャ感の場合もあります
シェルの加工 足とシェルが干渉しない事は基本であるが、
最優先ではない。
どこを加工しているのかわからないように
仕上げる事が最優先
無駄なストレスをシェルに与えない
⇒過剰な加工はしない
パワーラインは重要・ロスは少ないに越した事はない
足とシェルが干渉しない事が一番重要
ボコボコの外見になりやすい
膨らます&削る事がフィッティングと錯覚
パワーラインはあまり気にしない
インナーの加工 独自のメソッドで必要な事はすべて実施する
⇒サーモ&フォーム含む
シェルとインナーと足のボリュームのバランスが取ります
メーカーのマニュアルに沿って加工を実施
ボリュームコントロールは考えない場合が多い
オリジナルセッティングの仕上げた後の特徴>

@運動時における筋肉の伸縮など動きまで考慮してバランスを取る⇒動きやすさを重要視
Aロアシェルとアッパーシェルが、必要以上に干渉しないように注意する⇒フレックスに影響
Bシェルのカント調整機能は、どうしても必要な場合にしか使用しない⇒ブーツの動きの問題
C血管や神経や靭帯の位置を考えてセッティング⇒しびれや痛みの原因を少なくする
D微調整後・仕上げた場合、スニーカーを履いているような感覚で、タイト感&敏感さを持つと言われます


販売店のスタッフの方で、勉強をしたい方はお気軽にお問い合わせ下さい
 靴を作る際にチェックしなければならない主なポイント 等はこちらからどうぞ